女性

ほうれい線は美容液で撃退せよ|美の真骨頂

自然に隠す方法

ウーマン

コンシーラーやファンデーションでシミ隠しをするのが一般的だが、コントロールカラーなら厚塗りにならず自然に仕上がる。カラーはイエローが最も適切とされているが、パープルやオレンジ、ピンクが合う場合もある。

長いまつ毛を手に入れる

まつげ

まつ毛を伸ばす方法で用いられているのが、まつ毛用の美容液です。美容液にはプラセンタなどが配合されており、毛質を強めてボリュームをアップします。丈夫なまつ毛が長く伸びるようになりますので、マスカラの付きも良くなります。メイクの仕上がりを良くしたい場合にも、まつ毛美容液を使用すると便利です。

自分にあった洗顔ケア

石鹸

洗浄力の高い界面活性剤などが含まれている洗顔フォームよりも、肌への負担が少ない無添加仕様のタイプやオーガニック素材で作られた洗顔石鹸を利用した洗顔方法が注目されており、泡で優しく顔を洗うことで汚れは綺麗に落とし肌へのダメージを抑えることが出来ます。

肌の衰えを改善する

コスメ

まずは肌の保湿から

ほうれい線が出来てしまうと実際の年齢よりも年上に見えてしまうことも多いため、どうにかしたいと思うものです。一言でほうれい線と言っても表皮だけにしわが出来ている浅いものや、真皮にまで達している深いしわによって出来ているものがあります。深いほうれい線は改善するのも難しくなるため、まだ初期の段階である浅いほうれい線の段階で何らかの処置を行っておく必要があります。浅いほうれい線は乾燥から始まるケースも多いため、まずは肌の保湿をしっかりと行いながら、加齢によって不足してしまったコラーゲンやエラスチンを増やしていくことが重要なポイントとなります。そこで利用したいのが美容成分がたっぷりと配合されている美容液です。

選び方にもポイントが

ほうれい線を解消するために美容液を使用する場合、単純に肌に不足しているコラーゲンやエラスチン配合のものを選べばいいのかと言えばそうではありません。美容液に含まれているこれらの成分は分子構造が大きいため肌に浸透していかない可能性も高いので、肌表面の保湿効果だけにとどまってしまう可能性があります。分子を小さくして肌に浸透しやすくしてあるナノ化されているものを選んだり、肌に浸透した後に肌の内部で直接コラーゲンやエラスチンの生成を補助する成分が配合されている美容液を選んだ方が効果が期待できます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれる成分なので、肌に浸透しやすくしてあるビタミンC誘導体の配合されているものを選び、美白と同時にほうれい線ケアも行うというような方法もあります。