自然に隠す方法|ほうれい線は美容液で撃退せよ|美の真骨頂
女の人

ほうれい線は美容液で撃退せよ|美の真骨頂

自然に隠す方法

ウーマン

目立たなくなるまで

若い頃に紫外線を浴びたつけが年を取ってから出て、シミを発生させることがある。できてしまったシミをすぐに消すのは難しく、最速だとレーザーを使った解消方法がある。しかし、この方法は何回か通わなければ薄くならないのがデメリットだ。レーザーは薄くなるまでに費用がかかるのも欠点で、濃いものだと数十万円かかることもある。化粧品ではハイドロキノン配合の商品がシミに効果的だが、目立たなくなるまでに6ヶ月から1年くらいかかるので、早く治したいと望む人には不向きだ。レーザーや化粧品の効果が表れるまでメイクでシミ隠しをするのも、賢い方法である。ファンデーションやコンシーラーを上手に組み合わせるとシミ隠しできるが、やり方を間違えると逆に目立ってしまうこともあるので注意が必要だ。

ケアも大切

ファンデーションやコンシーラーを塗りすぎて、よれたりシワにさせてしまう人も多い。厚く塗りすぎてしまって上手に「シミ隠し」ができない場合は、コントロールカラーを利用すると良い。コントロールカラーには光を反射させる効果があり、何度も重ねて塗らなくてもうまくシミ隠しができる。カラーは基本的にイエローベースが適切だが、シミの色によってオレンジやピンク、パープルやブルーが合っていることもある。また、自分で判断できない場合は、メイクの知識が豊富なコスメショップのスタッフに聞いて肌診断をしてもらうと良い。コントロールカラーを使うだけでは根本的な解決方法にはならないので、美白に重点をおいたスキンケアも必須である。